2017年04月21日

中小企業の給与

日本の中小企業は今後はどのような未来へ向かうのだろうか?


中小企業の雇用問題も社会保険の加入や最低賃金の引き上げなどによって


さらに深刻化していると言えるが、今後もさらに負担増になるだろう。


最近の記事である都道府県で人並みの生活を送るためには月給50万が必要で


あるという記事を目にした。


その後に続いた言葉に驚いた.


このままでは人並みの生活を送ることがで


きない人々が多いため中小企業は賃金の引き上げを積極的に実施すべきと書


かれていた。


そもそも、雇用されている人たちの生活レベルに合わせて給与は決定される


のだろうか?


もちろんそんなはずはない。


人並みの生活とはなんなのか?


人並みの生活についての詳細はわからないが、少なくともそんなもので給与


は決定しない。


いずれにせよ、見せかけだけの先進国である時間が長期に及び、己を見失った


この国の未来はどうするのだろうか?









posted by yasuo-eguchi at 12:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。